« 三島海岸_100821 | トップページ | 静浦港_110502 »

南房某磯~乙浜港_110305

今年初めての釣りは、遠投のカゴ釣りと決めていた。

ここ何年も投げ釣り一本でやってきたが、今は特にシロギスに拘ってはいない。自分の「釣り」の引出しを増やそうと他の釣りものをさがしていたところへ、アジの遠投カゴ釣りに出会った。大好きな「投げる」という要素は変わらないし、アジも美味しい魚だから興味をそそられた。安物だがなんとか道具を揃えて、南房総へと向かった。

最初に目星をつけていた場所は、予め下調べしておいた情報が古かったらしく、駐車場はすでに閉鎖されていた。仕方なくクルマを停める場所を探す。なんとか駐車スペースを確保してクルマを降りて、釣り場へ入ってみると、石物師でいっぱいだった。

この日はうっかり寝坊してしまい、現地に到着したのは9時頃。この時間では仕方ない。最初の候補地は諦めることにした。

こんな事もあろうかと第二候補地も用意していたのでそこへ向かう。5kmほど離れた場所だ。

見落としてしまいそうな程細い道から入り、ドロドロのぬかるみを進んでいくと、他の釣り人がクルマを停めている場所を見つけた。隅にクルマを停めさせてもらい支度にかかる。そして重い餌とタックルを持って磯に入った。

今日は久しぶりに釣友のU氏と一緒なので、荷物を分担できるので比較的に楽だ。

目を付けていた場所が空いていたのでそこへ入る。システムの組み方はwebを見て覚えた通りにした。

Pap_0028 バケツに海水を入れてしばらく凍った餌と格闘るするが、なかなか冷凍の海老は解けてくれない。完全に溶けるまで待っていられないので、かろうじて使える部分だけをカゴに詰めて第一投。

今まで投げの並継ぎに慣れていたので、遠投磯竿の柔らかさに戸惑う。しかしどうにか70~80mくらい先に真っ直ぐ飛ばせたので、なんとなく納得。餌が入ったカゴは以外に重く、ロッドは柔らかい。相当ためて投げる必要があるようだ。

今回手に入れたロッドはダイワの「IL PROGRAND 遠投 4-52」、リールは同じくダイワの「REVROS MX 3500」だ。道糸はSUNLINEのミディアムサスペンドタイプのPE3号を巻いてある。手始めとして使うには手頃な組み合わせだと思う。この釣りを面白いと感じる事ができて、知識や技術が上がって欲が出てきたら、タックルも徐々にレベルアップさせていくつもりだ。

まずポイントを作るために、ひたすら同じ地点にカゴを投下し続けた。

U氏はタックルの準備をして数投すると、お決まりの昼寝。波の音を聞きながらぐっすりとお休み中の様子。

何も釣れない・・・。

しばらく投げていて気が付いたのだが、ここの水深はそれほど深くない。おまけに手前には海藻が生い茂っていて、時々仕掛けを持って行かれる。遂には海藻に捕られて、カゴをひとつ失ってしまった。

時間は14時前。さてどうしよう。この水深でアジが回って来る確率は、素人的に見てもかなり低い。技術が伴えば100m以上の遠投もできるかもしれないが、投げのロッドでも使わない限り、今の私の技術では今日中には達成できそうもない。

遂にはU氏を起こして相談。少しでも期待できそうな近くの漁港に移動する事にした。

あても無くクルマを走らせていると、大きな漁港に着いた。乙浜漁港だった。クルマが横付けにできるから、なんといっても楽チンそうだ。港の一番奥にクルマを停めて、隅に突き出ている突堤が空いていたのでそこに入った。先端に投げ師がひとりいるだけだった。

Pap_0025 しかし、タックルを準備していると、どんどん人がやって来る。漁港で釣りをする比較的初心者レベルの人にありがちな「人がいるからなんだかあそこが釣れそうな気がする」という心理だろう。もちろん実際の釣りはまるで違う。

なんだか狭くなりつつある突堤で釣り始めたが、このときには目的はもはや魚を釣る事ではなくなっていた。餌を持って帰る訳にはいかないので、せっせと残った餌を消費しようと頑張る事しかない。しかし、小さな遠投カゴに入る餌の量は限られている。だから全く減ったように見えない。困った。

横を見ると、U氏は足元に群れている鰯に一生懸命に餌をやっていた。完全に餌付け状態。その合間に小さなサビキで小さな鰯を釣るという具合。

私もそれに加わって、もう釣りに来たのか、魚に餌を買い与えに来たのか、二人で訳がわからくなっていた。

やっと餌を消費し終わったので、少しだけ海を眺めて帰路についた。

無茶苦茶な釣行だったが、久しぶりに海に来られて、潮風にあたって、気持ちは良かった。最後に、「次はちゃんとした釣りをしよう」と心に決めた。

Pap_0021_2  そして深夜になって自宅に帰り着いたが、持ち帰ったのはコイツ(氷)だけ。

【今回の反省点】

○きちんとした計画を練って釣行しよう。

∵時間がもったいない。

○最初から無理して知らない磯に入るより、無難に釣れている実績のある漁港で練習して経験を積もう。

∵初めてやる釣りで自分の勘を頼りにするのは危険だ。

○疲れている身体で無理矢理の釣行はやめよう。

∵帰りの運転で何度も気を失いかけた。釣りはあくまで「遊び」なのだ。

次回は4月の潮回りのいい日に釣行する予定だ。きちんと下調べしてね。

« 三島海岸_100821 | トップページ | 静浦港_110502 »

コメント

久々の釣行、魚の姿が見られなかったのは残念でしたが、それはそれで釣りを楽しめたのは何よりでしたね。
もう少し季節が良くなり海水温が上がってくれば、魚の姿を見る機会も増えて来るのではないかと思います。

カゴ釣り、こちらではサーフからやっている人もいるようです。
海峡筋や急にドン深になっている場所があれば狙い目のようですね。
次回の釣行報告も楽しみに待ってますね。

投稿: 投げ山 | 2011年3月 8日 (火) 17時41分

釣りお疲れ様でした。厳寒期なかなか厳しいみたいですね。自分もアジに挑戦すると言っておいて全く釣りに行けてません・・・久しぶりの海でいい気分転換になったみたいですね。ちなみに、自分も体調がイマイチの時、長距離は辛いです、おまけにこの寒さで体は固まるし。結構慌ただしくて次回の釣行は4月になってしまいそうです。シロギスさん次回は是非アジgetしてください^^

投稿: ニュービギニング | 2011年3月 8日 (火) 18時21分

>投げ山さん、こんばんは。

あのような震災と原発事故の後で楽しくコメントする気分ではないのですが、こちらはなんとかやっています。
はやく原発が収束し、震災の被災者の皆さんの生活が安定する事を祈っています。
実は今の会社、仙台の海の近くに支社があるのです。幸い皆さん上手く逃げたので、怪我もなく暮らしているそうですが、生活はかなり厳しい様子です。
福島にも妻の親戚がたくさんいるので、そちらも心配です。
そして、私が来月釣りに行けるかも心配なんです(私には病気があるのでこれが一番切実だったりして)。

仙台と福島にはなんとか物資を送れるようになったので、自費でちびちび送ろうと思っています。
デマに惑わされず、頑張って仕事をしているので、どうぞご安心あれ(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2011年3月23日 (水) 00時14分

>ニュービギニングさん、こんばんは。

新しい仕事でだいぶ疲れているので、コメ返しがいつも以上に遅れています。でも、仕事は楽しいので苦痛ではありません。

今回の釣行は、渋かったというよりも勉強不足です。まだアジという魚が集まるポイントがわかっていません。次回は普通に釣れている有名なポイントに入りたいと思っています。

しかし、福島の原発は気になりますね。放射性物質が漏れている事はもう誰でも知っていますが、それがどの程度なのか、見通しはどうなのかの情報が少なくて判断できません。
いずれにしてもとりあえずは静観しかないです(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2011年3月29日 (火) 23時05分

初カゴ釣りでポーズは残念でしたね。

潮温も上昇してきてますので、これから数釣りが楽しめますよ。

投稿: 良竿 | 2011年4月21日 (木) 13時33分

>良竿さん、こんにちは。

私もこのGWに釣行する予定です。もしかすると投げ釣りになるかもしれませんが。
カゴなら「次は釣りたい」という気持ちでいます。
場所と状況を検索中です(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2011年4月24日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三島海岸_100821 | トップページ | 静浦港_110502 »