« 検見川浜_100626(投げ練) | トップページ | 市川_100724_31 »

三島海岸_100718

今月も三島海岸に投げ釣りに行ってきた。

未明3時前に自宅を出発。5時頃三島の駐車場に入った。

今日は珍しく小潮での釣行。天気予報によると、午後に風は風速5mになるという。

Pap_0015 しかし、砂浜に降りてみると朝だからか風はほとんどない。波も小さめだ。早いとこ釣ってしまおう。

と思ったがそうはいかなかった。キスは思いの外散っていた。

「いつもの事」と思って、今日は右側へ行ってみる。

たまにではあるが、キスが上がってくる。

日が高くなるにつれて段々とキスのアタリが増えてきたような気がしたが、それでもポツポツ程度。「今日は来ないなぁ。」数少ないアタリを確実にものにしていこうと思った。

午後になって、持ってきた自作仕掛けを試してみた。一部不具合もあったが、砂ずりを付けて投げてみた。しばらくデッドスローでさびいていると、待望のアタリ。少し待ち、さびきながら回収してみた。

Pap_0007キスがしっかり付いていた。大きくはないが、記念すべき自作仕掛けでの一尾である。

その後も一尾ずつ拾っていったが、釣果はそう簡単には伸びなかった。

終いにまたもや力糸を飛ばしてしまい、お気に入りの仕掛けは太平洋に向かって消えていった。

Pap_0005 それにしても今年は暑い。梅雨明けはいつも暑いが、今年は格別だ。楽しいはずの釣りなのに、辛さを感じてくる。体力的な事ではない。気温が高過ぎるのだ。

2時過ぎに道具を片付け、駐車場へ戻る事にした。

今回の釣りでは特筆すべき事はないが、糸の絡みを防ぐ投げ方にまたひとつ近付いたような気がした。やはり初速の問題らしい。キャスティングの動作の初期段階で最大の力を使い、後はフォローしていくだけにすると絡みが無かった。そしてそのフォローの段階で方向を決めていく。また、この力配分だと体力の消耗も少なくて済む。当分はこのスタイルでいく事にしよう。ちなみに飛距離は、サーフリーダー並継405CX+フリーゲン細糸+PE1号+シンカー27号+3本鈎仕掛けで糸ふけ無しで、6色出切った辺り。風速5mの横風の中ではまあまあかもしれないが、さらに夢の7色を目指したい。

Pap_0001帰ってキスを数えてみると、14尾だった。みな小さめだった。こんな日もある。

今回の釣行では、釣り自体よりも帰りの渋滞で疲れてしまった。今、休日の南房総は、地元以外の、横浜ナンバー・川崎ナンバー・多摩ナンバーのマイペース&マイルールによる運転で大変な渋滞になっている。アクアラインの通行料金が値下げになって、その恩恵にあずかろうと不慣れなドライバーが大挙してやって来ている。彼らには周りが見えていないから、自分達のドライビングスタイルが渋滞を作り出しているという自覚は全く無い。巻き込まれない為には、彼らとなるべく出会わないように、これからは帰りの経路を少し考えなければこちらの身が持たない。

次回はお盆明けか、それとも前か。

« 検見川浜_100626(投げ練) | トップページ | 市川_100724_31 »

コメント

こんばんは♪


猛暑の中、お疲れ様でしたそれにしてもいつ見てもシロギスは綺麗ですね(^^*)

投稿: あまね | 2010年7月25日 (日) 00時35分

こんにちは。何処のサーフも暑い時期となりました。

キスのアタリは楽しめるけど、炎天下の浜は何か修行のような気分になったりします。
でも、うんざりとしかかった時にグイッと良型のアタリがあると、一瞬で全てを忘れてしまいますから、魔力があるのかもしれませんね。

私の好きな浜では粒ぞろいのキスが釣れているようです。
ここのところ娘の入院など色々とあって出掛けていないので、気持ちだけが飛んで行ってます。
近所の浜でも姿は見られるのでまだまだ良い方ですね(^^)/

投稿: 投げ山 | 2010年7月26日 (月) 14時08分

毎度~。自作の仕掛けでの釣果はまた格別でしょ。
私もキャスティングの力配分を研究せねばと思います。
力だけではあきませんね。
しかしこの三島の遠浅な感じが大好きです。

投稿: 浦安鱚鰈調査隊 | 2010年7月27日 (火) 23時23分

三島釣行お疲れ様です。群れが散ってるのはしょうがないですかね。自作の仕掛けで釣れると感動も2倍ですね、僕もたまに工夫して自作しています。しかし、炎天下のサーフは過酷そうですね・・・砂浜最近やらないから。この時期は飲み物の消費も激しいので本当はサブのクーラーが欲しいと思ってます。

投稿: ニュービギニング | 2010年7月29日 (木) 07時37分

>あまねさん、こんにちは。

私は千葉にばかりキス釣りに行っていますが、最近になって益々外房のキスの美しさに魅せられています。内房のキスとは全然違います。やはり外洋からのキレイな水が流れ込んでいるからでしょうか。
本来盛夏の時期はキス釣りが辛いのですが、一尾一尾釣れてくるキスを見ていると暑さも忘れます。
今年もそろそろ中盤戦を迎えて毎年思うのですが、釣りって生き物を相手にしているので、自分の釣りがどこに向かっているのか、どんなスタイルが究極なのかという未来がまるでわかりません。少し先は見えるのですが、やればやるほどわからなくなってきます。不思議なものですね(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2010年8月 1日 (日) 15時26分

>投げ山さん、こんにちは。

お嬢さんは退院されたのですね。良かったです。
釣りは体調が回復されてから、過ごし易い秋になってからがよろしいと思います。今年の暑さは尋常じゃないですから。

私も先日釣りをしながらそのような事を考えておりました。まるで修行のようだと。でも、時々ではありますが、釣れてくるキスの美しい魚体を見ていると、一瞬ではありますが疲れも暑さも忘れられるんですよね。あの小さいけれども鮮明なアタリ。本当に素晴らしいです。キス釣り人はそれをもっと感じ取りたいと思って高価なロッドを買い求めたり、他の人が知らないポイントの開拓をするのだと思います。
私も今月までは三島に通う予定ですが、9月にはまだガイドブックなどでは知られていない、未開のポイントを開拓していこうと考えています(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2010年8月 1日 (日) 15時40分

>hederinrentoさん、こんにちは。

残念なお知らせではありますが、私は自作仕掛け作りの面倒臭さに少々下げ気味です。コスト面でも市販仕掛けとさほど変わりませんし。
よって次回は市販の無限仕掛けを持って行こうと考えております。すみません(>_<)。
力配分については、遠投志向の投げ師にとっては永遠の課題なんでしょうねぇ。たぶん満足を得られる事はないのでしょう。浦安さんは超遠投を目指しておられる訳ですから尚更ですね。
三島はこの浅く長い波打ち際の向こうに急なドン深が待っています。だから3色くらいのところにキスがちょろちょろしてたりもします。地形からいってもどこにいてもおかしくないので、隅から隅まで丹念にサビキ続けなければなりません(と今の私は考えています)。そんな中でキスを探すのがまた楽しいんですよねぇ。群を見付けた時はもう嬉しくて^^。
今月もそんな釣りをしたいですねぇ。お盆明けに行く予定です(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2010年8月 1日 (日) 15時56分

>ニュービギニングさん、こんにちは。

やっぱり「投げ」で「キス」と来れば「サーフ」でしょう!私はサーフでの投げ釣りが好きなので、波止めにはほとんど行っていません。たまに休んだりしながら足場のいい堤防を攻めるのにも憧れるんですが、今の私の状況だとホントに月一しか行けないので、どうしてもサーフに足が向いちゃうんですよね。
いつか時間を気にせず、思い立った時にいつでもゆっくり釣りができる身分になったら行ってみます(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2010年8月 1日 (日) 16時04分

こんにちは。
自作仕掛けで釣れて良かったですね。自作仕掛けは作る手間はかかりますが釣果に繋がると嬉しさも格別だと思います。今夏の暑さは半端ないですが上手く付き合ってキス釣りを楽しみましょう。

投稿: 釣浪人 | 2010年8月 2日 (月) 12時50分

>釣浪人さん、こんにちは。

ホントに今年は暑さがこたえます。歳のせいですかね。きっと今月来月くらいまではこんな気温が続くんでしょうね。
自作仕掛けですが、いつも暑さと疲労と眠気の中で釣り歩いているので、感動を感じる余裕が無いというのが本当のところです。今年のシーズンが終わったらじっくり考えてみます^^。因みに次回は市販の無限仕掛けで臨むつもりです。
そういえば、いよいよお盆のシーズンですね。連休の時にゆっくり釣行するのは魅力的なんですが、帰りの渋滞の事を考えると躊躇してしまいます。だから今月はお盆明けの21日を予定しています。幸い潮も悪くないみたいですし。今年はまだハゼ釣りに行っていないので、連休中は是非行ってみたいと思っています(^^)/~~。

投稿: 名も無きシロギス | 2010年8月 3日 (火) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 検見川浜_100626(投げ練) | トップページ | 市川_100724_31 »